新宿の最新医療脱毛の打ち漏れ

新宿では最新で高性能なレーザー機器によって医療脱毛をすることができるのですが、この医療脱毛の打ち漏れと言うトラブルのことをご存知でしょうか?

医療脱毛の打ち漏れというのは、簡単にいえば、照射し忘れたということで、その部分だけ毛が抜け落ちなかった場合のことをいいます。

通常、医療脱毛でレーザー機器を照射すると、大体二週間から三週間くらいで毛が抜け落ちていきます。

その段階になって、かたまりで毛が残っている場合、それを打ち漏れと判断します。

打ち漏れがあった場合、良心的な医療脱毛では施術回数のカウントなしでその箇所の再照射を行ってくれます。

事前に打ち漏れの場合の説明などがされると思いますが、万が一打ち漏れがあった場合に申し出る期間はいつまでか、どの様に対処してくれるかなどはしっかり確認をしておく様にしましょう。

打ち漏れはあくまでも脱毛クリニック側のミスになるので、カウントされたり、対応してもらえない様な場合はあまり良いクリニックではないと判断しましょう。

最新で高性能のレーザー機器であっても、吸引するタイプのレーザー機器の場合、肌が隠れている場所の全てに照射されていると言う訳ではないので実は打ち漏れというのは割と出やすいものなのです。

また、照射した箇所が赤くなりにくいので後がわかりづらく、更に重ね打をしない様に注意するために打ち漏れがでてしまうのです。

打ち漏れは経験を積んでいくことで防げることでもあるので、新宿で医療脱毛をする場合には、実績の多い医療機関を選ぶといいでしょう。